FC2ブログ

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とても励みになりますので、もしよろしければ、クリックして行って下さい。(1日1クリック有効でお金はかかりません。) ↓  ↓  ↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • とうとう裁判一回目

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    とうとう、初公判の日がやってきました。
    裁判所


    今回で罪状認否~結審まで一気にやってしまいます。
    罪状認否とは、裁判官に

    「こういう事実で君は捕まってるがそれは事実かね?」
    と聞かれてそれを認めるか認めないかを答えることです。


    そして、情状証人も登場します。

    「この人は、こういう人で真面目だから、家族も待ってるから
    短い刑をお願いします」

    などと、家族、内妻などが
    「どうか、罪を軽くして下さい」
    と裁判官に訴えるものです。


    今回、僕は情状証人を立てませんでした。
    理由は、判決があまり変わらないから(笑)



    内妻とは相談したのですが、内妻は車の運転ができません。


    遠方まで交通費を使って、
    おまけに仕事を休ませてまでする価値はないとの判断です。


    ボスは、奥さんとライオンズクラブの方が情状に立っていました。


    証人は、
    「ウソをいいません」
    と宣告・署名する必要があります。

    これによって、証人がウソをつくと
    「偽証罪?」
    に問われます。



    被告人は、全てウソをついても罪には問われません。
    最後まで一言も発しなくても、裁判は進行されます。


    ウソか真実かは裁判官が判断するわけです。


    裁判所に向かうために、また腰縄手錠をされます。
    人数が多ければ、電車ごっこのように繋がれます(笑)

    服装は自由です。
    確か、スーツも持っていればベルトやネクタイも特別に許可が出たような・・・。


    裁判に行くからといって、寝癖を直そうと洗面所で頭を洗ったら懲罰の対象となります。
    僕は、もう実刑なのは分かっていましたから
    刑務所内で丸坊主に散髪してもらいました。(無料)

    受刑者が無免許で散髪してくれます。


    裁判所に向かう日に、ボスに会うことができました。
    まあ、同じ裁判ですから当然と言えば当然ですが。

    ボスが一言、

    「ごめんな、○○君」
    と言うので、
    「いえいえ♪同罪です♪」

    との会話を交わしました。


    裁判が始まる前に入室すると、ボスの知人がずらり。
    担当刑事まで、傍聴席に座っています。


    ボスは、知人と会話(笑)

    本来はダメですが、そこがボス。

    僕の関係者は1人もいませんでした。
    内妻にも来なくていいよ、と伝えておきました。


    だって、過去の前科が全て読み上げられるのですから、
    まずいまずい(笑)
    ほとんど内妻には言っていますが、
    言ってない事件がひとつだけあったためです。


    ちなみに裁判の傍聴は誰でもできます。


    ボスの前科の数に驚きです。
    前科が多い=しょぼい犯罪です。


    だって、殺人ばっかしていたら前科は3犯ぐらいまでが相場でしょう。

    3人一度に殺すと、ほぼ死刑ですが1人ずつ殺すと
    1度目8年、2度目10年、3度目15年ってところでしょう。

    計画的に行っても。
    いや、車でひき殺せばもっと安いかも。
    傷害致死に持ち込めばもっと安いかも。

    仮釈を考えても20年以上は刑務所に入っておかなければなりません。


    今回は確信犯ですから、裁判所に反省を訴えるポイントは一カ所だけ。

    「規範意識(法律を守る気持ち)が足りなかった。今後は規範意識を強く持つ」
    ということだけです。

    弁護士もそのことに関してだけうまく質問してきます。

    検事も同じくそこを突っ込んできます。


    ですが、今回の検事は優しかった。
    まあ、罪も安いですが・・・・・・。

    裏DVDを販売しただけです。
    実質的な、被害者は皆無(著作権は無視)


    もちろん、被害者というのは
    「社会にエロをばらまき風紀を乱した」
    という被害者がいます。


    検事側の求刑を前に、被告人が発言する場が設けられます。

    僕は一言
    「反省しています。二度と悪いことはしません」
    といったことを伝えました。

    ボスはそんなことはいわず、僕の方を向いて

    「○○君は俺が巻き込んだだけだ。だから寛大な処置を」
    といったことをボスは発言しただけです。


    ちょっと感動しました。
    ボス、ありがとう。

    で、求刑です。
    ボス「1年半、罰金250万円」
    僕 「1年、罰金100万円」

    たったこれだけ。

    判決はもっと安くなります。

    ものの、15分ぐらいで初公判は終わりです。


    罰金なんて、実刑で刑務所に入るのに払いません(笑)
    刑期が100日延びますが、1日1万円で払えます。
    いわゆる労役と呼ばれるものです。

    罰金の金額によって1日の日当?は変わってきます。


    1日20万とかになることもあります。

    確か、労役の最高が200日以下だったのでは?
    記憶があいまいです。


    あまり法律には詳しくありません。

    間違っていたら、コメントでそっと教えて下さい。


    裁判が終わり未決に戻ると
    早速内妻に、本日の報告の手紙を書きました。



    次回は、「判決が出た」を書けたらいいなあ。

    とても励みになりますので、もしよろしければ、クリックして行って下さい。(1日1クリック有効でお金はかかりません。) ↓  ↓  ↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • テーマ : 壊れそうな心
    ジャンル : 心と身体

    コメントの投稿

    非公開コメント

    裏DVDのプロフィール

    常に相互リンクは募集中です。気軽に頂けると喜びます。

    ぷりずなあ

    Author:ぷりずなあ
    裏DVD販売で逮捕・起訴、そして受刑生活をしてきました。
    なんとか罪をつぐない出所してきたので
    その体験談を書いて行きたいと思います。
    刑務所生活の不思議な世界。
    ショップ運営者の苦労話。
    そしてトラブル、笑える話。

    読み物としてとても楽しんで貰えたら幸いです。

    裏DVDの検索フォーム

    裏DVDの最新記事

    裏DVDのカテゴリ

    裏DVDの月別アーカイブ

    裏DVDの月別アーカイブ

    裏DVDのカレンダー

    03 | 2019/04 | 05
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    最新コメント
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。